(お役立ちメニュー)ホクロ治療は皮膚へのくりぬき法とQスイッチレーザー

ほくろのくりぬき法は傷が深くなることもあり、完治するまでに時間がかかってしまい傷がへこんでしまうなどといったことが起こることがあります。
小さめのほくろに効果があり、大きなホクロに対してはまた別の施術を施す必要があるのです。
皮膚をくり貫くこととなるくりぬき法と呼ばれている治療法が今では人気急上昇中です。
ほくろの組織自体を綺麗に除去する施術ですので再発をしてしまう可能性もほぼ無いのです。

 

比較的新しいタイプのレーザー治療がQスイッチレーザーで、ほくろに有効的な治療法の一つとして確立しています。
ホクロに対してのみ効果があり、周囲の正常細胞に悪影響を与えることは一切ありません。



(お役立ちメニュー)ホクロ治療は皮膚へのくりぬき法とQスイッチレーザーブログ:12月13日

シェイプアップに励んでいて、
今まで順調に体重が落ちていたのに、
急に変化がなくなると焦りますよね。

でも心配はいりません!
シェイプアップ中には、
体重が落ちなくなる「停滞期」って、
誰にでもあることなんですよね。

停滞期が訪れる時期は人それぞれですが、
一般的にはシェイプアップ開始から、
2ヶ月〜2ヶ月経過したくらいにみられるようです。

この原因は、
主に身体の防衛反応によるものです。

シェイプアップ中は摂取カロリーを制限しますよね。
身体にしてみれば、今まで入ってきた
エネルギーや栄養素が入ってこないことになります。

エネルギー不足になった身体は一時的に飢餓状態になり、
次に食べ物が身体に入ったときに
余分に栄養をため込もうとするのです。

ですから、停滞期に入ったら
身体がいまの状態に慣れる過程だと考えて、
それまでどおりの食生活を続けましょう。

体重が落ちないからといって、
食事量をさらに制限するのはおすすめできません。
摂取カロリーが基礎代謝を下回ってしまうと、
逆に痩せにくい身体になってしまう恐れがあるので、
注意が必要です。

また体操の効果は、日々継続していくことにより
数ヵ月後から徐々に効果があらわれていくものです。

特に普段から体操をしていない人は、
代謝機能が衰えているので、
体操をしてもシェイプアップ効果を実感できるまでには
多少時間がかかるかもしれません。

焦らずに、
自分のペースにあった体操を楽しみながら
実践してみましょう。

停滞期に惑わされることなく、
食生活のバランス、体操をチェックして、
無理のないシェイプアップを続けましょう!