(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療

「ストリッピング手術」が今まで弁が壊れた静脈を手術によって引き抜く治療法として主流だったのです。
しかし1?2週間の入院が必要になったり、傷跡が残ることもあり患者の負担も高いという欠点があったのです。
足の静脈の血液が本来とは逆の方向に逆流してしまうのを防ぐ弁が機能不全に陥ってしまうことを静脈瘤と呼ばれています。
静脈内に血液がどんどんと溜まってしまうことによって発症することになります。

 

レーザーを使った静脈瘤の治療法が最近急速に普及してきています。
局所麻酔のみで皮膚を切ることなく施術することができ、レーザー治療でしたら痛みや傷跡がほとんど残らないので安心です。



(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療ブログ:06月15日

減量しようと考える方は少なくないようですが、
同時に減量に挫折してしまう人も多いようです。

減量しようという意思があっても、
できないのには、もちろん理由があります。

おそらく早く結果を出そうという
意識が強すぎるのではないでしょうか?

減量というのは、
食事制限があったり、トレーニングをしなければならないとか、
結構つらいことが伴うものです。

だから減量は、できるだけ早く
終了したいという意識が働くのでしょう。

すると、
かなり過激な減量をしなくてはならなくなります。
極端に食事制限してしまうとか、過激なトレーニングをするとか…

かく言うボクも一度、
減量で失敗してしまった経験があります。
ボクの場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。

例えば、
今まで結構な食事の量をとっていたにもかかわらず、
かなり食べる量を減らしました。

また減量にはトレーニングだ!ということで、
ジョギングを始めました。

いきなり10kmぐらいは走ったでしょうか…
普段からトレーニングをやっている人なら
それほどきつい減量メニューではないかもしれません。

ところがボクは、
今までトレーニングをほとんどやったことがありませんでした。

体にかなりの負担をかけていたのでしょうね。

今まで、貧血で倒れるという経験はありませんでしたが…
ところがちょっとしたことで
フラッとくるようになってしまったのです。

そこからのペースを
ゆっくり減量するようにしました。
そのときのボクは、ちょっと無理をしていたようです。

ボクのケースだけかもわかりませんが、
いきなりアクセルを目いっぱい踏むというのは
ちょっと危険かもしれませんよ。