(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療

「ストリッピング手術」が今まで弁が壊れた静脈を手術によって引き抜く治療法として主流だったのです。
しかし1?2週間の入院が必要になったり、傷跡が残ることもあり患者の負担も高いという欠点があったのです。
足の静脈の血液が本来とは逆の方向に逆流してしまうのを防ぐ弁が機能不全に陥ってしまうことを静脈瘤と呼ばれています。
静脈内に血液がどんどんと溜まってしまうことによって発症することになります。

 

レーザーを使った静脈瘤の治療法が最近急速に普及してきています。
局所麻酔のみで皮膚を切ることなく施術することができ、レーザー治療でしたら痛みや傷跡がほとんど残らないので安心です。



(お役立ちメニュー)レーザーによる静脈瘤の治療ブログ:11月24日

読者様、(o・∀・)ノ*:;;;:*コンチクワ*:;;;:*

過食によって摂り過ぎた栄養が、肥満につながっている…
これは事実です。

だから、
「過食をやめないと、ダイエットなんてとんでもない!」
そんな風に、読者様思っていると思います。

でも、
過食って実際にこれで悩んでいる人の立場で見ると、
とっても高いハードルです。

これでは、当の本人にとっては
まずダイエットを始めるための壁が、
ものすごく高いものになってしまいます。

ならば、難しいところはとりあえず置いておいて、
「できるところ」から始めてみればいいのです。

過食を続けていても、別の方法でダイエットはできます。

例えば、トレーニング。
過食をしていても、トレーニングはできます。
最初は少しづつでいいのです。
筋トレ10回、筋トレ10回からで十分です。
散歩10分でもいいのです。
まずは始めてみましょう!

もともとトレーニングの習慣がなかった人は、
これだけのトレーニングをするだけでも、
筋肉が活性化されてきて、筋肉の代謝が上がります。
そして慣れてきたら、徐々に時間や回数を増やしていけばいいんです。

大事なことは、負荷や回数ではなく、「継続すること」です。
もっと言うなら継続できなかった時にでも「諦めないこと」です。
そうして行動していくうちに、
過食との距離もだんだん広がっていきます。

いきなりパッタリとやめようとするとストレスは溜まるし、
過食してしまった場合に自分で自分を責めてしまって、
ダイエットを自分で挫折させてしまいます。

だからこそ
過食と上手くお付き合いしながら、
ダイエットしていく事が重要だと、おいらは思います。

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜